金欠になった場合の一時対応で消費者金融の利用

お金を借りるにあたって借り方や返し方についてアドバイスをお伝えします

利用する際の注意

お金を借りるにあたってはいくつか気を付けるべきことがあります。まずは、総量規制というルールがあります。これは原則年収の3分の1までしか借りることができないというものです。

もちろんこの総量規制の限界まで必ず借りられるわけではありません。

消費者金融によって総量規制の範囲内で借り入れることのできる金額が明示されます。そのため希望通りの金額が借りられるとは限らないことを理解しておきましょう。次に、お金は借りれば利息が発生します。借りる金額が増えるほど、そして借りている期間が長くなるほど利息は増えるので借りた以上に返済するお金が発生してしまうのです。

そこでできるだけ早く返済すること、最低限のお金を借りることを意識しましょう。また、借りたお金は必ず返すということです。そのためきちんと返済できるペースを考えてお金を借りることも大切です。

もし返済できないようになってしまったら、取り立ての連絡が来るのはもちろんですが、ほかの消費者金融からお金を借りて返済するような悪循環に陥る危険性もあります。自己破産するようなことにならないよう、しっかりと事前にシミュレーションをして必ず返済できる金額のみ借りることが重要です。

金欠になること